私がA5サイズの手帳を愛して止まない理由

バレットジャーナル

手帳ってどのサイズが一番いいかな?と悩むことがあります。

まず悩むのが、手帳のサイズですよね。

あまり大きいと、持ち歩きに不便だし、かといって小さすぎると、書けるスペースが少ない・・・

毎年何冊も手帳を購入しては、使い切れず捨ててしまった私が、A5サイズの手帳に落ち着いた理由をご紹介します。

【A5手帳】A4サイズの用紙と相性が抜群

A5サイズは、A4サイズの用紙を二つに折ったサイズ。だから、 A5サイズの手帳はとの相性がぴったりなんです。

日本ではほとんどがA4サイズが基準になるため、仕事での書類や、チラシを半分に折って手帳にはさんでおくことができます。

【A5手帳】はスペースが広くてのびのび書ける

日本の手帳はA6サイズが一般的ですが、このサイズだとスペースが足りないと感じる人も多いのでないでしょうか。

手帳は、今後の予定だけでなく、クレジットカードの利用記録や、日頃のメモを加えたいという人には、大きめサイズの手帳がぴったり。

とくにこれからバレットジャーナルを始めたいと思っている人には、絵を書くにも文字を書くにもほどよいサイズ感です。

【A5手帳】は持ちやすく、携帯しやすいサイズ

適度な存在感は、つかみやすく落としにくいです。

A5サイズの手帳は、縦21センチ、横14.8センチの大きさ。

携帯や長財布よりすこし大きくて、A4のノートよりも小さい。

かばんの中でもサッととれる存在感。

「あれ?手帳どこだっけ?」と探しものの多い人にもぴったりのサイズです。

 

【まとめ】

いかがでしょうか?

A6スリムの手帳サイズが一般的ですが、A5サイズの手帳もとってもおすすめなんですよ。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ロイヒトトゥルム

海外定番!バレットジャーナルには【Leuchtturm1917】ロイヒトトゥルム...

バレットジャーナルの小技!可愛くおしゃれに修正する方法

モレスキン対ロイヒトトゥルム

モレスキンとロイヒトトゥルムの違いは?どっちがバレットジャーナル向き?