モレスキンとロイヒトトゥルムの違いは?どっちがバレットジャーナル向き?

モレスキン対ロイヒトトゥルム

バレットジャーナルを始める時や、万年筆で書いてもかきやすい上質なノートを探していると、

モレスキンか? ロイヒトトゥルムか?

どちらのノートが良いかなと、悩みますよね。

ロフトなどの文房具屋さんの店頭では、ぴっちりとしたビニールでラッピングされていることが多くて、中身を確認しずらい時もあります。

両者とも、普通のノートは違い、2000円以上する高級品ノートですから、後悔しないように選びたいですよね。

モレスキンとロイヒトトゥルムの違いを研究してみました。

モレスキンと、ロイヒトトゥルムの違いは?

MOLESKINE(モレスキン)とは

モレスキンは、イタリアの手帳メーカーです。
ゴッホやピカソ、ヘミングウェイなど、著名な芸術家が愛用していたノートにインスパイアされて作られたのが、「モレスキン」のノート。
書き味のよい上質な紙は、インクが裏移りしにくく、計画や、絵や思考を書き留めるのに適していて、クリエイティブな人に愛用されています。

表紙は、オイルクロスで覆われており、丸みを帯びた角は、長い間使用しても、ボロボロのほつれになりにくい。

栞ひも、ゴムバンド、拡張ポケットといった特徴に加え、モレスキンの歴史がかかれた小冊子がついてきます。
ノートだけでなく、手帳タイプや、バック、スマートフォンアプリと連携した機能など、モレスキンは様々なコレクションがあります。

みにまる
紙ものの物価が高いアメリカでは、ノート類全般の紙質があまり良くありません。それで出会ったのがモレスキンでした。世界中で売られているのが嬉しい!

クラシックノートブック ハードカバーシリーズ

モレスキンの一番人気のタイプは、クラシックノートブックのハードカバーシリーズ。軽くて持ちやすく、ミニマルなデザインは、品格すら感じられます。

Leuchtturm(ロイヒトトゥルム)とは

ロイヒトトゥルム社は、ドイツの文具メーカーです。正直なところ、モレスキンは知っていましたが、ロイヒトトゥルムはバレットジャーナルをはじめて、知りました。モレスキン同様、世界中で販売されているノートで、見た目はほとんど変わらないようにも見えます。

1917年から歴史がある、ロイヒトトゥルム社のノートは、使いやすさにこだわりがあります。デザイン性を過度に強調せず、シンプルで高級感のあるカバー、インクが裏抜けしない上質紙で、精巧に作られています。

特徴は、目次のページがあり、各ページにページ番号(連番)があることです。目次があることで、探したい内容を簡単に検索できるようになっています。日々の記録や、旅行の記録、手帳など、自分だけの1冊のノートを作るのに最適な構成になっています。

ロイヒトトゥルム ノート A5 ドット方眼 ブラック

ロイヒトトゥルムのおすすめのノートは、書き込むスペースも、ページ数もたっぷりある、ミディアムサイズのノートです。

どちらがバレットジャーナル向き?

バレットジャーナルに向いているノートは、

海外定番!バレットジャーナルには【Leuchtturm1917】ロイヒトトゥルムを手帳に
という記事でもまとめていますが、

ロイヒトトゥルム(A5サイズ/ドット方眼)が、おすすめです。

スペック比較表はこちら↓

名前 モレスキン ロイヒトトゥルム
比較の商品 クラシックノートブック
LARGE
ロイヒトトゥルム
midium
レイアウト 罫線、方眼、無地、ドット点方眼が選べる 罫線、方眼、無地、ドット点方眼が選べる
ハードカバー表紙 ○ ソフトカバーもあり ○ ソフトカバーもあり
値段 3,132円 (2017.10.11現在)
→ 最新の値段
2,376円 (2017.10.11現在)
→ 最新の値段
サイズ 幅13cm × 縦21cm × 厚み1.5cm 幅14.5cm x 縦21cm X 厚み1.5cm
重さ 約300g 約400g
黄ばみにくい、アシッドフリー
ゴムバンド
インクの裏移りがしにくい
背表紙ポケット
ページ数 240ページ 245ページ
ミシン目入りページ なし ○ 半8ページ
しおり紐 1本 2本
ページ番号がある なし
目次ページがある なし
見出し用ラベルステッカー なし ○無料でついてくる

ほとんど見た目に関しては同じようにみえますが、モレスキンのほうが、ノート幅がじゃっかん小さく、ロイヒトトゥルムのノートのほうが、利用に便利な機能がついています。

サイズを比較!モレスキン vs ロイヒトトゥルム

ノモレスキンとロイヒトトゥルムは見た目はどう違うでしょうか?

(上)モレスキン (下)ロイヒトトゥルム

モレスキンは幅 13cm、ロイヒトトゥルムは幅 14.5cmなので、ロイヒトトゥルムのほうが少し大きいです。

↑ノート表(左)モレスキン (右)ロイヒトトゥルム

表はほとんど同じです。

↑ノート裏(左)モレスキン (右)ロイヒトトゥルム

両者ともロゴが入っています。

(上)モレスキン (下)ロイヒトトゥルム

厚みもほとんど一緒です。

まとめ

まとめると、モレスキンとロイヒトトゥルムのノートは、見た目はほどんど一緒です。

・モレスキンは、少し幅が狭く、ページ番号が無い

・ロイヒトトゥルムは、A5サイズの大きさで、目次・ページ番号・しおりなどに違いがある

というところ。バレットジャーナルとしてモレスキンを利用する場合は、手書きでページ番号を書く必要が出てきます。

それが面倒だなーと思う人にはロイヒトトゥルムのノートがおすすめです。

まだまだ日本では、ロイヒトトゥルムのノートの取扱店が少ないですが、通販サイトのアマゾンでは販売されています。人気のブラックは値下がりもあるので安く買えるかもしれません。チェックしてみてくださいね。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

バレットジャーナル

私がA5サイズの手帳を愛して止まない理由

バレットジャーナルの小技!可愛くおしゃれに修正する方法

ロイヒトトゥルム

海外定番!バレットジャーナルには【Leuchtturm1917】ロイヒトトゥルム...