【バレットジャーナル】英語のカリグラフィに挑戦してみよう

カリグラフィー練習

アメリカで流行の手帳術、バレットジャーナルでは、おしゃれに文字をレタリングするのが人気になっています。

なかでもという、書道を現代アートにするのが人気なんです。

今カリグラフィに人気のアイテムは、なんと日本のメーカー「トンボ」の筆記用具が大人気なんです。

筆ペンでも代用できるので、英語のレタリングを練習してみませんか?

無料で練習用のテンプレートを提供しているサイトをご紹介します。

 

アメリカ版トンボが提供している、練習シート

トンボのアメリカ版TOMBOWのホームページに、印刷できるカリグラフィの練習シートが

提供されています。

ダウンロード方法

公式サイト https://tombowusa.com/ から

Featured Sections Lettering worksheetsをクリックします。

「Download and print the Lettering Practice Worksheets by clicking here.」という文字を押すと、印刷用のPDFが表示されます。

17ページあったので、私は1ページに2枚印刷する方式で印刷しました。

(↑これは、印刷する際に、プリンタ側で設定します)

 

トンボの筆ペンで、カリグラフィに挑戦

はじめて、筆ペンで線をなぞってみました。ちょっと震えてしまいます。

下方向へは太く上方向へは細くが基本のカリグラフィ。

 

 

トンボ、筆の助[Fudesosuke]でカリグラフィ

アメリカのバレットジャーナリストの必須アイテム、 トンボの筆の助。

メイドインジャパンの日本パッケージがそのままアメリカでも愛用されてるんです。

もともと宛名、祝儀袋、記帳用なので細かくかけるのが特徴。

 

Fudenosukeのワークシートはこちら↓

https://tombowusa.com/fudenosuke-practice-worksheets.html

 

 

 

大人になってこんなに黙々と練習するもの結構楽しいですよ!

ふっと一息つける、趣味にもぴったりです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

今月のバレットジャーナル

【バレットジャーナル】10月のセットアップ

11月のセットアップを、人気ユーチューバーさんを元にやってみました【バレットジャ...

フューチャーログ

【バレットジャーナル】フューチャーログおすすめレイアウト29選

バレットジャーナル、ウィークリーレイアウト

【バレットジャーナル】ウィークリーページおすすめレイアウト30選

12月バレットジャーナルセットアップ

12月のバレットジャーナル:手持ちのもので、丸を描く

バレットジャーナル、キーの設定

【バレットジャーナル】記号・キー設定おすすめ10選