バレットジャーナルの小技!可愛くおしゃれに修正する方法

海外で流行のバレットジャーナルですが、日本でもブーム到来の予感がしますね!

バレットジャーナルを始めて見ると、思いのほか上手に書けないときがありますよね。

書き慣れないアートペンで間違えてしまったり、

急いでノートに書いてしまって、後から見かえすと、なんだか「文字がダサい」「なんて書いているかわからない」となっている時があります。

パレットジャーナルで、可愛く修正する小技を集めてみました。

可愛くおしゃれに修正!ホワイトペン

 

完全に書き間違えた際にも、有効なのがこの技・・・

”ホワイトペンで塗りつぶし作戦”です。

やり方は、簡単!

リボン型などに黒ペンで塗りつぶし、その上をホワイトペンで書くだけ。
英語で書くと、可愛くしあがりますよ。

ちょっとした書き間違いにも使える

ホワイトペンが1本あると、ちょっとした修正にも使えます。

修正テープや、修正ペンほど大きく目立たない部分には、ホワイトペンのほうが”ちょこん”と乗せれるので、目立たなく修正できます。

紙を切って貼り付ける

ホワイトペンや、修正テープでも消せないサイズの間違いは、「茶色い紙」包装紙 などを、手でラフにちぎって貼り付けると、アート感のあるナチュラルで可愛い修正になります。
pin

思い出の写真やアートを貼り付けても可愛いですよね。
pin

テープやシールを貼り付ける

ちょっとした修正は、可愛いテープやシールがあれば楽々です。

アメリカではWashi Tape (ワシテープ)とよばれていますが、日本ではマスキングテープという名前で、文房具店やダイソーなどで売られています。
pin

上から文字を書いてしまえば、さらにごまかせちゃいますね。

ラベルシールを貼り付ける

事務用品でおなじみ、ニチバンのマイタックラベル・リムカをご存知でしょうか。

元OLで事務用品マニアの私がおすすめするこのシールは、紙の上に貼っても、綺麗にはがせるんです!!

シールをまっすぐ貼れない、不器用さんでも大丈夫。

修正に使う場合、下の文字が濃くて、透けてしまいそうな時は、修正テープで一回消してから、その上をリムカで貼ると目立ちにくいですよ。

上に文字が書けます!

ミニマルデザインが好きな方は、この白いシールの修正が、手軽ですね。

完全にミスった!ページ丸ごと消したい・・・

完全にページをミスってしまった・このページはもうボツにしたい!というときは、そのページごと、封印してしまいましょう!

ページ同士をはりつけて、一枚のページにしてしまいます。普通の手帳では、スペースが決まっているので、無視する以外に手段はありませんでした。しかし、自由な使い方ができるバレットジャーナルでは、消してしまえるんです。

あぁ几帳面!完全に消したいならフリクションペン

それでもどうしても、文字が間違っているのは気になるという方には、デイリータスクを、消せるフリクションペンで書くのがおすすめです。

今までは、アメリカ人への定番土産として、日本から持って行っていたのですが、最近では、アメリカの文房具屋さんでもよく見かけるようになりました!

綺麗に書くことを目的にしてはいけない【バレットジャーナル】

真面目で几帳面なタイプの人は、手帳を書くときもすごく「一生懸命」な人が多いように思います。

その姿勢は素敵なのですが、”手帳を上手に・綺麗に書くこと”が目的となってしまうと、書くことに疲れてしまい、続かなくなってしまう人が多いのではないでしょうか。

それでは、本来バレットジャーナルで目標としていた、 Rapid logging(速記)の考えから離れてしまいます。

バレットジャーナルでは、簡単・簡潔にタスクを終えることが最大の目標なので、私は綺麗に書くことにこだわらないと心に決めました!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

バレットジャーナル、マンスリーレイアウト

【バレットジャーナル】マンスリーページおすすめレイアウト30選

ロイヒトトゥルム

海外定番!バレットジャーナルには【Leuchtturm1917】ロイヒトトゥルム...

カリグラフィー練習

【バレットジャーナル】英語のカリグラフィに挑戦してみよう

バレットジャーナル、キーの設定

【バレットジャーナル】記号・キー設定おすすめ10選

11月のセットアップを、人気ユーチューバーさんを元にやってみました【バレットジャ...

バレットジャーナルやり方

【まとめ】Bulletjournal (バレットジャーナル)やり方!スタートガイ...