バレットジャーナルのメリット&デメリット〜手書き手帳が合うのはこんな人〜

パソコンとメモ
  • 自分の考えを書き出すことで、情報を整理できる

今海外で流行の、手書き手帳術:バレットジャーナルは、箇条書き方式でタスクを管理しながら、自分好みに記入ができるノート型手帳術です。
どんなメリットとデメリットがあり、どういう人に合うのかをまとめてみました。

バレットジャーナルのメリット

バレットジャーナルのメリットは、自由に書けるということです。

  • ノートなので、書く分量に制限がない
  • ”まず書きだす”事から始めるので、最初に内容を選別しなくていい
  • やらなければいけないことを見える化すると、きちんと終わらせることができる
  • あとから、どこに書いたか検索しやすい工夫がある(目次)
  • 普通の手帳にはない、書き方ができる
  • 「今日も結局なにもやり終えられなかった!」という日が減る
  • 自分の夢や希望がはっきりわかる
  • 自分のことがよくわかるようになる
  • やることに集中できる
  • やることが完了したか、進捗を管理できる
  • 振り返り、改善策を立てる余裕ができる→夢に近く

自由形だからこそ、クリエイティビティをたのしめると、書いていて楽しいです。

バレットジャーナルのデメリット

バレットジャーナルのデメリットは、

  • アナログ手帳なので、人に見られるかもしれない
  • 持ち歩く手間がある
  • 几帳面な性格の人は、綺麗に書きたくて、逆に時間がかかる

アナログの手帳は、デジタルのように鍵をかけられないので、落としたり無くしたりしたら、自分のあたまの中の思考がほかの人に見られてしまうと、はずかしいですね。

バレットジャーナル(自由な手帳術)が合う人

私が考える、バレットジャーナル向きの人はこんな人です。

バレットジャーナルが合う人

  • 頭の中をすっきりさせたい
  • メモをとる習慣がある
  • 手帳などの文房具が好きだ
  • 書くこと・記録することが好きだ
  • ほぼ日手帳に憧れたことがある
  • ジブン手帳を購入したことがある
  • なにかを工夫してやり遂げることが好き
  • 海外の流行りに憧れがある

普通の手帳のように、すでに決められた記入枠がないので、
「手帳が続いたことがない」という人も大丈夫です。

バレットジャールは、貴重面であったり、綺麗に書く必要はないです。ぐしゃぐしゃでも、字が下手でも、自分がわかればオッケーです。

バレットジャーナルが合わない人

逆に、バレットジャーナルには向かないと思うひとはこんな人。

  • 手書きが嫌い(デジタルのみ派)
  • すでに確率された管理スタイルがある人
  • 普段カバンを持たない人(財布携帯のみ)
  • 目標設定はせずに、流されて生きたい人
  • 手帳にすら、心を開くのが嫌なひと

手書き手帳なので、デジタルで統一したい、ものを持ちたくない人には、生活スタイルとして合わないかもしれません。

また、自分の思っていることを書くことは、ひとつのアウトプットなので、手帳にすら、自分の思いをぶちまけるのが嫌だ(抵抗がある)人は、いきなり目標設定うんぬんはハードルが高いかもしれません。すこしずつ始めましょう!

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

印刷可能!シール印刷もできる、A5版2018年カレンダーダウンロード

バレットジャーナルやり方

【まとめ】Bulletjournal (バレットジャーナル)やり方!スタートガイ...

バレットジャーナルと筆記用具

バレットジャーナルとは?すべてをひとつにまとめる【海外で流行りの手帳術】

バレットジャーナル

バレットジャーナル(Bullet journal)のやり方!バレットジャーナル公...