バレットジャーナルとは?すべてをひとつにまとめる【海外で流行りの手帳術】

バレットジャーナルと筆記用具

手帳術で頭すっきりしたい、ミニマルです。

Bullet journal(バレットジャーナル) という言葉を聞いたことがありますか?

これは、すべてをひとつのノートにまとめて管理ができる、海外でいま流行りの手帳術のことです。デジタル時代のなか、あえて手書きで書くアナログ手帳が注目されています。

バレットジャーナルで、全部をひとつにまとめよう

毎日は、やるべきタスクとの戦いです。

仕事のプロジェクトや、学習の計画、家族の予定、年間の予定、今週の予定、今年の目標、誰かの誕生日、お中元の予定、お金の管理、欲しいもの、買いものリスト・・・

さらには、

今週行った場所の思い出の記録、日記、習慣化したいこと、気になる言葉、病院にかかった記録、ざっくりと考えている数年後の予定など、生活していると、次々とあたまに浮かんできます。

人間にはたくさんの肩書きがあります。学生として、会社員として、父として、母として、妻として・・・など、大人になると様々な立ち位置での、生活軸が出てきます。とくに育児をしながらの日々はほんとうに大変です。

思い浮かぶすべてを、忘れないように!と、あらゆる場所に”分けて記入”してしまいがちですが、そうすると管理が大変です。

idea_memo

あちらこちらにちらばったメモやノートでは、肝心なときに思い出せなかったり、存在すら忘れてしまうこともあります。

自己管理をしたいという思いから、手帳に書いてみるけれど、続かない。


 

でも、すべてを「ひとつのノート」にまとめたらどうでしょうか?

自分の頭の中を手帳に書き出し、整理することで、

今日やるべきことが、もっとハッキリする。

そんなことを叶えるのが、手書き手帳術:バレットジャーナルです。

バレットジャーナルで、一緒に毎日を過ごしやすく楽チンにしましょう!

バレット=「点」を使ってタスク管理する手帳術

バレットジャーナルでは、バレットと呼ばれる「点」を使って、タスクを管理していきます。

毎朝、いちにちの始まりに、「今日のイベントや、やるべきこと」をリスト化します。

【バレットジャーナルのタスクの記号】
・  タスク(やること)
×  完了したタスク
>  延期にしたタスク
<  スケジュールしたタスク

など、「・」ドットでタスクを管理し、変化があれば、記号の種類を上からペンで書いて、変えていく手帳術(速記術)です。

上から記号を書き足すので、書き写すことはありません。

1日のタスクを書き出すことで、自分のやらなければならないことが見える化し、どんどんやらなければいけないことを、終わらせていくことができます。

予定外のアクシデントや、集中を邪魔することが起きて、脱線してしまっても、「やるべきこと」がはっきりしているので、すぐに戻れます。

私はすぐに興味があることがおきたり、アイディアを思いつくと脱線してしまうタイプ。ほかのことにとらわれてしまうと、「何をするべきだったか」をすぐに忘れてしまいます。汗

そのため、1日のうちに「これはダケは絶対やっておきたい」ことをリスト化すると、

”あ〜今日も結局なんにもやりたいことを終えられなかった”

”(もともと計画していないので)思い通りに物事がすすまない”

といったことが、避けられるようになりました。

 

また、一週間のうちの予定をずらした(たとえば今日できなかったこと)を次の日の予定として組み込みやすいので、やり残しを防げますよ。

この方式でタスク管理する方法は、手帳だけでなく、授業や仕事のノートにも使えますね。

ルールは自分で決めていい!バレットジャーナル

バレットジャーナルの基本ルールとしては、「点」で書くこと発祥でしたが、

現在は「点」だけでなく、▫︎(四角)を使ったチェックマークタイプスタイルで、書いていくこともできます。

手帳術・メモ術なので、ルールは自分で決めていいのです!

たとえば、”毎日書くのが辛くて、ほかの手帳で挫折した”なんて人は、おもいきって毎日書くということをやめてみましょう。そんな人には、大きなデイリーページは不要なのです。

書きたいことを、書きたいときにひとつのところに書くというマイルールでもオッケーです。

モレスキンを使った、自作手帳にもぴったりのバレットジャーナル

バレットジャーナルは、”手帳術”であるため、専門の手帳がなくても利用することができます。

通常の罫線型のノートでもできますが、自由にレイアウトできるのがメリットなので、

”方眼紙ノート” がおすすめです。

バレットジャーナルにおすすめのノートは、

A5サイズで持ちはこびしやすい、モレスキンのノート(方眼紙タイプ)やLEUCHTTURMロイヒトトゥルムのノートです。

全面方眼紙のノートには、予定だけでなく、記録しておきたいことも自由にかけるスペースがふんだんにあります。

モレスキンやは LEUCHTTURMロイヒトトゥルムのような、A5サイズのノートは、大きすぎず小さすぎないぴったりのサイズ。

A4サイズのプリントを折りたたんで挟めるサイズなので、資料が多い人にもおすすめです。

海外では女性に大流行

男性にも女性にもおすすめのバレットジャーナルの手帳術ですが、

むしろ、可愛い絵を書くものがバレットジャーナルだと思っている人もいるかもしれません。

バレットジャーナル発祥の地、アメリカでは、こういった自作の手書き手帳を可愛くアートする(手帳をデコる)のが、大人気なんです。

バレットジャーナルの人気のユーチューバーもいるほど!


↑私の好きなユーチューバーさんです

見ていて楽しい、気分があがる、作業タスクが効率よくなるバレットジャーナルをぜひ取り入れてみませんか。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

印刷可能!シール印刷もできる、A5版2018年カレンダーダウンロード

パソコンとメモ

バレットジャーナルのメリット&デメリット〜手書き手帳が合うのはこんな人〜

バレットジャーナル

バレットジャーナル(Bullet journal)のやり方!バレットジャーナル公...

バレットジャーナルやり方

【まとめ】Bulletjournal (バレットジャーナル)やり方!スタートガイ...