【まとめ】Bulletjournal (バレットジャーナル)やり方!スタートガイド

バレットジャーナルやり方

バレットジャーナル(Bulletjournal)とは、今海外で流行りの手書き手帳術のことです。

すごく可愛いくて、便利なので、一緒に初めてみませんか?

バレットジャーナルの特徴は、

  • 点や四角などの、箇条書きでタスクを管理する手帳術
  • ルールは自分で決めて良い
  • 手帳ではなく、普通のノートに記入する
  • すべての情報をひとつにまとめる

参考 バレットジャーナルとは?すべてをひとつにまとめる【海外で流行りの手帳術】

バレットジャーナルは、誰でもいつでも、ノートとペンがあれば始められる手帳術です。

それでは早速始めましょう!

バレットジャーナルクイックスタートガイド

まず、ペンノートを用意します。

ペンは、お気に入りのボールペンでオッケーです。サクラピグマの製図ペンや、万年筆なども、描きやすいのでおすすめです。

ノートのおすすめは、ロイヒトトゥルムの A5サイズ・方眼ノートです。

参考 → 海外定番!バレットジャーナルには【Leuchtturm1917】ロイヒトトゥルムを手帳にしよう

 

まずは、記号【KEY】の設定をしよう

ノートを用意します。

できれば新しいノートではじめてください。

バレットジャーナルでつかう、箇条書きの記号を設定します。

公式サイトでは、バレット「点」を進化させて書くやり方が基本となっていますが、

このように四角のマスを使った、箇条書きタイプも人気です。

私が最初に設定したキーはこんな感じです。

さまざまなサンプルを参考に、自分の使いやすいキーを設定しましょう。

→ 【バレットジャーナル】記号・キー設定おすすめ10選

→ バレットジャーナル(Bullet journal)のやり方!バレットジャーナル公式ルール日本語訳

 

フューチャーログで一年の計画を記入しよう

キー設定ができたら、次は、Future log(フューチャーログ)を作ります。

これは、一年の予定のなかで、すでに決まっている予定を書き込んでいくものです。

公式サイトでは、月を書いて行くだけでオッケーとなっていますが、このようにカレンダー表と、予定欄を合わせて書くスタイルが、わかりやすいので人気です。

Melanieさん(@me10la)がシェアした投稿

→ 【バレットジャーナル】フューチャーログおすすめレイアウト29選

バレットジャーナルには、通常の手帳のように、毎月毎週の固定されたスペースが存在しません。

常に最後のペーが「今」になるため、「来月」「数ヶ月後」などの予定は、このフューチャーログページに書いて管理します。

マンスリーログで毎月ゴールと予定を管理しよう

フューチャーログで、長期間の予定を書く場所を用意したら、次はマンスリーログに入ります。

マンスリーログは、1ヶ月分の予定を管理するページで、左ページに、縦に1から31日(もしくは30日)までの日付と曜日を記入し、予定を入れていきます。

右側のページには、その月の目標や、かならずやり遂げたいTO DO などを書くひとが多いようです。

参考 →【バレットジャーナル】マンスリーページおすすめレイアウト30選

マンスリーページは、人によっては無しでも構いません。

 

ウィークリーログで、日々のタスクを管理しよう

マンスリーログの設定ができれば、最後のウイークリーログにはいります。

ウイークリーログは、その名のとおり、1習慣の予定を管理します。
最低限必要な項目は、日付と曜日です。

最初に設定した記号の付け方=「キー」をもとに、1日のイベントや予定を書いていきます。
マンスリーログに書いた、月間の予定や、やりたいことを、日にち単位で書き写します。

基本的には、このウィークリーログページが、いつも手帳の最後になっていています。

7日分のスペースをあらかじめ作って、1週間分のスペースを決めてもいいですが、

毎日、「今日のぶん」だけ書くようにすれば、スペースは可変です。

通常の手帳のように、予定の多い日はスペースが少なくぎゅうぎゅう、予定のない日はスペースがあいてしまう、といったことが発生しません。

あとは自己流で、やってみる!

以上で、パレットジャーナルの設定(セットアップ)は終了です。

その後は、毎日、ウィークリーページをひらき、1日のイベントとタスクをこなしていきます。

ひとつタスクが終わったら、進捗をチェックしていきます。

延期になったり、中止した場合も、「キー」をもとに加えていきます。

作業しながら、ひらめいたことは、メモとして、ウイークリーログの今日の欄に、書き加えていきます。

どんなタスクも、記録しながら物事をすすめていきましょう。

きちんと書きながら、タスクを進めるようにすると、のちのちの見直しにもなりますし、突然の用事や妨害で、脱線してしまっても、「やるべきこと」がはっきりするので、迷わなくてもいいですよ。

ポイントは、

  • 手帳に書いて整理して、頭をすっきりクリアにすること
  • なんども見直すこと
  • 振り返りをすること

バレットジャーナルでは、仕組みとしてこれができるので、やらなければいけないことを確実に終えることができます。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

12月バレットジャーナルセットアップ

12月のバレットジャーナル:手持ちのもので、丸を描く

バレットジャーナル

バレットジャーナル(Bullet journal)のやり方!バレットジャーナル公...

今月のバレットジャーナル

【バレットジャーナル】10月のセットアップ

バレットジャーナルの小技!可愛くおしゃれに修正する方法

カリグラフィー練習

【バレットジャーナル】英語のカリグラフィに挑戦してみよう

フューチャーログ

【バレットジャーナル】フューチャーログおすすめレイアウト29選